生産ライン

用途

ステープルファイバーの不織布生産ラインは、異なるボンティング技術を用いた様々なタイプの製品を製造するのに利用されます。たとえば、ニードリング、サーマルボンド法、水流交絡法、ケミカルボンド法などです。主な用途は、自動車の内装、マットレス、クッション、ふき取り繊維、合成皮革、濾材、ジオテキスタイル、断熱材などがあります。また、不織布は医療・衛生用途にも用いられます。



さらに

補助的装置

繊維調製に加えて、バット形成やボンディングのための機械、フェルトの輸送、保管、品質保証、切断、巻き取り、梱包のための装置が必要になります。



さらに

オートメーション設計

Dilo Systemsの提供する新しい生産ラインは、コンピューターによってコントロールされ、パネル操作によって運用されます。それらの生産ラインは、自動操業のために正確に同調しており、速度制御システムによっても管理されています。

 



さらに

生産ライン最適化

新しいDiloの生産ラインは、繊維の高い生産性、均質なバット構造や、卓越した製品の品質、高い生産効率などが特長です。また、繊維の消失も減少させます。修理とメンテナンス業務へ容易にアクセスできるので、機械の可用性も増大します。

 

 



さらに